×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。



自転車に乗ろう

自転車のメリットはいろいろあります。
  • 機動力=歩くより速く、クルマ・バイクより道路上の制限が少ない。
  • 自転車でないと通れない場所を走れる。
  • ジョギングより足に負担をかけずに有酸素運動ができる。
  • 地球にやさしい
  • 財布にもやさしい
などなど他にもあるかもしれませんが、地球温暖化や原油高騰などこれからの時代を考えるとますます自転車の役割は大きくなるように思います。
地方では欧州に習ってLRTによるトランジットモールなど、脱クルマ社会の構想も計画されています。
自転車の利用促進で温暖化ガスの抑制や、健康増進による医療費抑制なども期待できるかもしれません。

ポタリングの楽しみ

自転車でうろうろしていると、近所でも知らなかった道を発見することがあります。
ちょっと遠出して路地に入るとプチ迷子になり、目的地までのルートを考えたりして脳が活性化されます。
自転車なのですぐ引き返せるし、ゆっくり考えることもできます。
知らない街の中をポタリングするのはとても楽しいものです。
そしてなにより天気のいい日に河川敷などをサイクリングするのはとても気持ちよくて、すがすがしい気分になります。

どんな自転車に乗るか

自転車はホームセンターに売られているママチャリでも全く問題ないのですが、もう少し速く、そして遠くに行きたいということで管理人はクロスバイクに乗っています。
クロスバイクとは競輪選手が乗ってるようなロードレーサーとオフロードを走るマウンテンバイク(MTB)がクロスオーバーした中間的な街乗り用の自転車です。

ロードレーサーはオンロードを速く軽く走れますが、タイヤが細いのでパンクに弱く歩道の段差も注意が必要です。乗り心地も硬いです。
一方MTBは太いタイヤでサスペンションもついているので歩道の段差もガンガン走れます。乗り心地もソフトです。しかしそのぶん路面抵抗が高く速度も出しにくいので長距離を走るには向かないかもしれません。

まずはクロスバイクから入って速さと軽さを求めてロードにいくか、ソフトな乗り心地やダートを求めてMTBにいくか決めるのもいいかもしれません。価格もお手ごろなものからあります。(クロスバイクの中でもロード寄りのものとMTB寄りのものとがあります)

また、折りたたみ自転車という選択もあります。
折りたたみ自転車に電車やクルマを組み合わせれば行動範囲はぐっと大きくなります。
電車に折りたたみ自転車を持ち込んで知らない土地を探索してもいいし、行ける所まで自転車で行って、しんどくなったら電車を利用するなんてこともできます。
値段は安いものから高いものまでありますが、ある程度以上のものであれば小さいタイヤでも苦にはならないでしょう。


HOME